qLEStgF
1: 2017/03/13(月) 04:33:58.20 ID:vlMLqzE80
ココアお姉ちゃん「いらっしゃいませー!」

拙者「むっ…」

拙者(拙者、主人にこの娘で、と合図を出す)

ココア「はーい!ご指名ありがとうございまーす♡」

2: 2017/03/13(月) 04:34:13.60 ID:vlMLqzE80
ココア「ほらこっち座って座って」 

ココア「お侍さんはこういうえっちなお店初めて?」 

拙者「……。」(拙者、恥辱に顔を背ける) 

ココア「だいじょーぶ♡ おねーちゃんにまっかせなさーい!!!」 

ココア「はい、ぬぎぬぎしましょーね♡」 

拙者「…! な、なにをする!!! この売女風情が!」

3: 2017/03/13(月) 04:34:23.75 ID:vlMLqzE80
ココア「え…? そこのおっきくなってるお〇ん〇んを外に出そうと思って ♡」 

ココア「えっちなこと、しに来たんでしょ?」 

ココア「それとも恥ずかしいから、先におねーちゃんのおっ〇い飲んでからにする…?」 

ココア「ほら、おっ〇い…舐めてもいいんだよ♡」 

拙者「――!」(拙者、目前に放り出された豊満な胸を見て驚愕) 

拙者「拙者に赤子の真似をしろと申すか!」

4: 2017/03/13(月) 04:34:33.53 ID:vlMLqzE80
ココア「ほ~ら♡ お姉ちゃんのとこきてちゅーちゅーしましょうね♡」 

拙者「そう乳を出されては、勿体無くて仕方がない」 

拙者「頂戴する」チューチュー 

ココア「あっん♡ 歯…あたってる♡」 

ココア「頭なでなでしてほしい?」 

拙者「…」(こくんと頷く)

5: 2017/03/13(月) 04:34:41.72 ID:vlMLqzE80
ココア「よしよし♡」 

拙者(んん♥ おねーちゃんしゅきぃ…♥) 

ココア「おねーちゃんのおっ〇い、美味しかった?」 

拙者「うん…♥ あ、あのねおねーちゃん…」 

ココア「どうしたの?もじもじして♡」

7: 2017/03/13(月) 04:35:07.18 ID:vlMLqzE80
拙者「お〇ん〇ん…。おち〇ち〇いじってほしい…♥」 

ココア「…♡ おねーちゃんにまっかせなさーい♡」 

拙者「アッアッアッ…おねーちゃんしゅきぃぃぃぃ♥♥♥」 




ヤバスギでしょwwwwwwwwwwwwwwww

8: 2017/03/13(月) 04:35:14.09 ID:fgosGGim0
やばすぎでしょ

9: 2017/03/13(月) 04:35:30.18 ID:AVso/1370
ヤバすぎでしょwww

10: 2017/03/13(月) 04:35:35.94 ID:nTXBYSB90
ヤバスギでしょwwwwwwwwwww

11: 2017/03/13(月) 04:35:38.91 ID:Ycfii4RNp
ヤバスギでしょwwwwwwwwww

38: 2017/03/13(月) 04:40:55.19 ID:inYxSl+t0
というかこれ最初に考えたやつ頭おかしいやろ

89: 2017/03/13(月) 05:10:54.39 ID:vlMLqzE80
チノお姉ちゃん「いらっしゃいませ」 

拙者「むっ…」 

拙者(拙者、主人にこの娘で、と合図を出す) 

チノ「はい。ご指名ありがとうございます」

90: 2017/03/13(月) 05:12:19.93 ID:vlMLqzE80
チノ「こちらにどうぞ」 

チノ「お侍さんはこういうえっちなお店は初めてですか?」 

拙者「……。」(拙者、恥辱に顔を背ける) 

チノ「大丈夫です。お姉ちゃんに任せてください」 

チノ「はい、ぬぎぬぎしてください」 

拙者「…! な、なにをする!!! この売女風情が!」

92: 2017/03/13(月) 05:13:50.81 ID:vlMLqzE80
チノ「え…? そこのおっきくなってるお〇ん〇んを外に出そうと思ったんですが」 

チノ「えっちなこと、しに来たんですよね?」 

チノ「それとも恥ずかしいから、先にお姉ちゃんのおっ〇いを飲んでからにしますか…?」 

チノ「はい、お〇ぱいです…舐めてもいいんですよ?」 

拙者「――!」(拙者、目前に放り出された貧相な胸を見て驚愕) 

拙者「拙者に赤子の真似をしろと申すか!」

93: 2017/03/13(月) 05:15:21.48 ID:vlMLqzE80
チノ「はい。お姉ちゃんのところに来てちゅーちゅーしてくださいね」 

拙者「そう乳を出されては、勿体無くて仕方がない」 

拙者「頂戴する」チューチュー 

チノ「あっん……歯、あたってます」 

チノ「頭なでなでしてほしいですか?」 

拙者「…」(こくんと頷く)

97: 2017/03/13(月) 05:17:08.24 ID:vlMLqzE80
チノ「よしよしです♡」 

拙者(んん❤おねーちゃんしゅきぃ…❤) 

チノ「お姉ちゃんのおっ〇いは美味しかったですか?」 

拙者「うん…❤ あ、あのねおねーちゃん…」 

チノ「どうしたんですか?もじもじして」

98: 2017/03/13(月) 05:17:27.61 ID:vlMLqzE80
拙者「お〇〇ちん…。おち〇ち〇いじってほしい…❤」 

チノ「…♡ お姉ちゃんに任せてください♡」 

拙者「アッアッアッ…おねーちゃんしゅきぃぃぃぃ❤❤❤」 



ヤバスギでしょwwwwwww

103: 2017/03/13(月) 05:20:25.49 ID:CyIWFKp40
声優のツイに貼って反応を見たい

104: 2017/03/13(月) 05:21:01.08 ID:vlMLqzE80
拙者「むっ、遊郭か…」リゼ「いらっしゃい!」

105: 2017/03/13(月) 05:21:19.91 ID:vlMLqzE80
リゼお姉ちゃん「いらっしゃい!」 

拙者「むっ…」 

拙者(拙者、主人にこの娘で、と合図を出す) 

リゼ「よし!指名ありがとう!」

107: 2017/03/13(月) 05:21:29.99 ID:vlMLqzE80
リゼ「ほらこっちに座れ」 

リゼ「侍はこういう店は初めてか?」 

拙者「……。」(拙者、恥辱に顔を背ける) 

リゼ「大丈夫だ!お姉ちゃんに任せろ!!!」 

リゼ「ほら、服を脱ごう!」 

拙者「…! な、なにをする!!! この売女風情が!」

115: 2017/03/13(月) 05:24:16.34 ID:vlMLqzE80
>>107 


リゼ「ん…? そこの大きくなってるものを外に出そうと思ったんだが」 

リゼ「えっちなこと、しに来たんだろ?」 

リゼ「それとも恥ずかしいから、先にお姉ちゃんのおっ〇いを飲んでからにするか…?」 

リゼ「ほら、おっ〇いだ…舐めてもいいんだぞ?」 

拙者「――!」(拙者、目前に放り出された豊満な胸を見て驚愕) 

拙者「拙者に赤子の真似をしろと申すか!」

116: 2017/03/13(月) 05:25:32.83 ID:vlMLqzE80
リゼ「ほら。お姉ちゃんの所にきてちゅーちゅーしよう!」 

拙者「そう乳を出されては、勿体無くて仕方がない」 

拙者「頂戴する」チューチュー 

リゼ「あっん♡ 歯…あたってる、ぞ」 

リゼ「頭なでてほしいか?」 

拙者「…」(こくんと頷く)

121: 2017/03/13(月) 05:27:05.79 ID:vlMLqzE80
リゼ「よしよし♡」 

拙者(んん❤おねーちゃんしゅきぃ…❤) 

リゼ「お姉ちゃんのおっ〇いは美味しかったか?」 

拙者「うん…❤ あ、あのねおねーちゃん…」 

リゼ「どうした? もじもじして」

122: 2017/03/13(月) 05:27:42.67 ID:vlMLqzE80
拙者「おち〇〇ん…。お〇ん〇んいじってほしい…❤」 

リゼ「…♡ お姉ちゃんに任せろ♡」 

拙者「アッアッアッ…おねーちゃんしゅきぃぃぃぃ❤❤❤」 



ヤバスギでしょwwwwww

124: 2017/03/13(月) 05:28:53.20 ID:NzElka/Ya
よくやった

128: 2017/03/13(月) 05:32:42.17 ID:vlMLqzE80
拙者「むっ、遊郭か…」千夜「いらっしゃーい!」

129: 2017/03/13(月) 05:32:52.16 ID:vlMLqzE80
千夜お姉ちゃん「いらっしゃいませー!」 

拙者「むっ…」 

拙者(拙者、主人にこの娘で、と合図を出す) 

千夜「はーい!ご指名ありがとうございまーす♡」

131: 2017/03/13(月) 05:33:47.33 ID:vlMLqzE80
千夜「ほらこっち座って座って」 

千夜「お侍さんはこういうえっちなお店初めて?」 

拙者「……。」(拙者、恥辱に顔を背ける) 

千夜「だいじょーぶ♡ お姉ちゃんに任せてね?」 

千夜「はい、ぬぎぬぎしましょーね♡」 

拙者「…! な、なにをする!!! この売女風情が!」

132: 2017/03/13(月) 05:34:54.21 ID:vlMLqzE80
千夜「え…? そこのおっきくなってるお〇んちんを外に出そうと思ったんだけど」 

千夜「えっちなこと、しに来たのよね?」 

千夜「それとも恥ずかしいから、先にお姉ちゃんのおっ〇い飲んでからにする…?」 

千夜「ほら、おっ〇い…舐めてもいいのよ♡」 

拙者「――!」(拙者、目前に放り出された豊満な胸を見て驚愕) 

拙者「拙者に赤子の真似をしろと申すか!」

133: 2017/03/13(月) 05:35:39.87 ID:vlMLqzE80
千夜「ほら♡ お姉ちゃんのとこきてちゅーちゅーしましょ♡」 

拙者「そう乳を出されては、勿体無くて仕方がない」 

拙者「頂戴する」チューチュー 

千夜「あっん♡ 歯…あたってるわ♡」 

千夜「頭なでなでしてほしい?」 

拙者「…」(こくんと頷く)

134: 2017/03/13(月) 05:36:21.29 ID:vlMLqzE80
千夜「よしよし♡」 

拙者(んん♥ おねーちゃんしゅきぃ…♥) 

千夜「お姉ちゃんのおっ〇い、美味しかった?」 

拙者「うん…♥ あ、あのねおねーちゃん…」 

千夜「どうしたの?もじもじして♡」

135: 2017/03/13(月) 05:36:52.09 ID:vlMLqzE80
拙者「お〇ん〇ん…。お〇ん〇んいじってほしい…♥」 

千夜「…♡ おねーちゃんにまっかせなさーい♡」 

拙者「アッアッアッ…おねーちゃんしゅきぃぃぃぃ♥♥♥」 




ヤバスギでしょwwwwwwwwwwwwwwww

136: 2017/03/13(月) 05:37:29.09 ID:BElU4d/O0
拙者×syamu

137: 2017/03/13(月) 05:38:00.35 ID:vlMLqzE80
拙者「むっ、遊郭か…」シャロ「いらっしゃいませ」

138: 2017/03/13(月) 05:38:18.84 ID:vlMLqzE80
シャロお姉ちゃん「いらっしゃいませ」 

拙者「むっ…」 

拙者(拙者、主人にこの娘で、と合図を出す) 

シャロ「はい。ご指名ありがとね」

139: 2017/03/13(月) 05:39:25.00 ID:vlMLqzE80
シャロ「ほらこっち座って座って」 

シャロ「お侍さんはこういうえっちなお店初めてだったりする?」 

拙者「……。」(拙者、恥辱に顔を背ける) 

シャロ「大丈夫。おねーちゃんに任せて!」 

シャロ「はい、ぬぎぬぎしましょう?」 

拙者「…! な、なにをする!!! この売女風情が!」

140: 2017/03/13(月) 05:40:36.12 ID:vlMLqzE80
シャロ「え…? そこのおっきくなってるのを外に出そうと思ったんだけど…」 

シャロ「えっちなこと、しに来たんでしょ?」 

シャロ「それとも恥ずかしいから、先にお姉ちゃんのお〇ぱい飲んでからにする…?」 

シャロ「ほら、おっ〇い…舐めてもいいわよ?」 

拙者「――!」(拙者、目前に放り出された貧相な胸を見て驚愕) 

拙者「拙者に赤子の真似をしろと申すか!」

141: 2017/03/13(月) 05:41:29.57 ID:vlMLqzE80
シャロ「ほら。お姉ちゃんのとこきて吸ってもいいのよ?」 

拙者「そう乳を出されては、勿体無くて仕方がない」 

拙者「頂戴する」チューチュー 

シャロ「あっん♡ 歯…あたってる♡」 

シャロ「頭なでなでしてほしい?」 

拙者「…」(こくんと頷く)

142: 2017/03/13(月) 05:42:08.10 ID:vlMLqzE80
シャロ「よしよし♡」 

拙者(んん♥ おねーちゃんしゅきぃ…♥) 

シャロ「お姉ちゃんのおっ〇い、美味しかった?」 

拙者「うん…♥ あ、あのねおねーちゃん…」 

シャロ「どうしたの?もじもじして」

143: 2017/03/13(月) 05:42:48.87 ID:vlMLqzE80
拙者「おちん〇ん…。お〇〇ちんいじってほしい…♥」 

シャロ「…♡ お姉ちゃんに任せて♡」 

拙者「アッアッアッ…おねーちゃんしゅきぃぃぃぃ♥♥♥」 

ヤバスギでしょwwwwwwwwwwwwwwww