syamu
1: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:23:21.03 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「俺はもうあんたの元にはいられないよ」
シバターは俯きながらsyamuにそう告げる。
草木も寝静まる丑三つ時の事だった。
syamu「なんでや!俺のどこが悪いんや?治すべき所があるなら治すから俺の見捨てんでくれ!」

2: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:23:31.69 ID:0JLmy6780NIKU
syamuはシバターに駆け寄り彼の腕を掴んだ。涙をポロポロ流しながら。
シバター「違うよ。あんたのせいじゃない。俺の問題なんだよ」
シバターはsyamuの肩に手を置くと、優しい顔をしてそう言った。

3: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:23:40.52 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「でも俺の問題が片付いたらまた会いに行くよ。それまで待っていてくれよsyamuさん」
シバターはsyamuに背を向けると何処かに立ち去っていった。
syamuはその場で崩れ落ち、親を亡くしたスズメの如く慟哭し始めた。

4: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:23:51.66 ID:0JLmy6780NIKU
syamuはそれから蒸発したシバターの行方を追った。
北海道に行きどこかにシバターが潜んでいないか探した。
西成の何処かで働いていないか探偵を雇い調査した。

5: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:24:06.23 ID:0JLmy6780NIKU
シンガポールやベトナム、中国、外国にも視野を広げひたすら彼の消息を求めた。
だが、彼の行方は杳として知らなかった。

6: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:24:16.16 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「ううっ...」
シバターはニコニコ本社の地下室に捕らわれていた。
彼は手足を縄で縛られ、肛門にはディルドが挿入されていた。裸の体には腫れ上がり、鞭で叩かれた跡が残っていた。

7: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:24:25.88 ID:0JLmy6780NIKU
????「シバター君まだ持つんだ。凄いねえ」
林修の顔を複写して劣化した様な男がヌッと現れる。
カドカワ会社取締役の川上量生だ。
川上「もっと興奮しておくれよ。じゃないとsyamuさんがどうなっても...」

8: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:24:30.32 ID:riWttWJq0NIKU
シバター「収録終わったらご飯行きません?」
syamu「いや、お腹いっぱいなんでいいです。」
シバター「じゃあ1人で行くんでラーメン屋でもいいんでご飯屋さん知りませんか?」
syamu「お腹いっぱいなんで…ちょっとわかんないです」

9: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:24:36.67 ID:0JLmy6780NIKU
川上はそう言うと手元のリモコンのボタンを押す。
それと同時にシバターのケツのディルドが振動し彼を苦しませる。
シバター「アッアッアッ...」
シバターは誰かの笑い声の様に喘いでいた。その尻は真っ赤に腫れており、今までに何人もの屈強な男のチンコに犯されていた事を証明していた。

10: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:24:47.28 ID:0JLmy6780NIKU
川上「君が悪いんだよ。syamuを引き渡していれば君の痴態を録画して超会議にupする事なんてなかったのに」
シバター「うぐっ...syamuには指一本も触れさせねぇ...テメェみたいな金の亡者にな...」
川上はシバター頬を叩く。部屋中に痛々しい音が響く。

11: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:25:00.42 ID:0JLmy6780NIKU
川上「君のそのおかしな姿を全国に晒してやるよ。そうして一生僕達の慰め者になるんだ。」
?????「待つだで!!」
川上「誰だっ!」
syamu「真後ろにオルジャン...」

14: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:25:12.17 ID:0JLmy6780NIKU
syamuが拳を握りしめて、川上の背後に立っていた。
syamu「シバターさん助けに来ましたよ」
シバター「syamuさん駄目だっ!...あんた一人じゃみすみす捕まりに来た様なもんだ。早く逃げろ!」
川上「毛むくじゃらレスラーの言う通りだよ」

16: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:25:22.25 ID:0JLmy6780NIKU
syamu「独りじゃないよ。仲間だよ」
そう言うとsyamuの背後から次々と男達が現れた。シバターを助ける為の仲間が。
ヒカキン「ハローユーチューブ。どうもヒカキンです!」
岩間「オメェらよくもこんな事やってられるな!」

18: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:25:32.67 ID:0JLmy6780NIKU
黒騎士「シバターさんあんたは独りじゃない!俺達がいるー!!」
月永「誰も生まれなければ、誰も不幸にならない。存在しなければ、幸福になる必要性が生じない。」
長谷川「俺は嫌な思いしてないから」
ひで「ねーもうほんと無理ー」
葛城連「川上君みたいな不細工なねぇ、子の悶絶顔が大好きなんだよ!」

20: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:25:41.95 ID:0JLmy6780NIKU
唐澤「川上さん。貴方は償うべき罪がある」
丸山穂高「シバターさん。一緒に北方領土を取り返しましょう」
シャバター「僕は未来から来たsyamuさんの甥です。シバター父さん!まいこ母さんと一緒に貴方を助けますよ」
焼肉「業人の友人は助けんとな...」

23: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:25:52.45 ID:0JLmy6780NIKU
カスゴリ「シバター~くれーぷいるかぁ~」
ノエル「いつかのチェーンソーと公開説教の仕返しをする為にも貴方には生きて貰わないとね」
まいこ「...あたしがシバターと結婚...嘘やろ」
さなえ「おい!シバター!聞いてんのか!」

24: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:26:03.38 ID:0JLmy6780NIKU
蔵厨「ODして死んだけど。シバターさんを救うために戻ってきました」
麻原「我が息子よ。お前はこんな所で死んでいい男じゃないだろ。私が直々に力を貸してやる」

26: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:26:12.55 ID:0JLmy6780NIKU
ヒカル「まあ炎上仲間やし助けたるわ。その代わり食いもん奢れよ?」
橋下徹「穂高の友達の友達はワイの友達や。ダチを助けるのに命は惜しくないで」
田所浩二「人を利用するだけ利用して。頭にきますよー」

28: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:26:24.16 ID:0JLmy6780NIKU
tehu「最近のニコニコ会社の意識の低さに辟易してます」
バスtehu「マァァァ」岡「ユピピ」
大川宏洋「僕も力道山の魂を降ろすんで。シバターさんも待ってて下さい」

31: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:26:36.90 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「み...皆...」
シバターは涙を流した。
彼を想う人達が助けに来てくれたからだ。

川上「ふん!!いくら数を集めようと所詮烏合の集。俺達に勝てる訳ないんだ!」
川上はニコニコ本社の警備兵を呼ぶ。

34: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:26:47.78 ID:0JLmy6780NIKU
syamu「見とれよ!!シバターさんは必ず取り返すだで!!」

おしまい
オラ達の戦いはこれからだ。

39: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:27:34.67 ID:0JLmy6780NIKU
syamu「どうしたんや?シバターさん?」シュッ!!シュッ!!
syamu「シバターさん何やっとるんや?」
シバター「なっ、何でもないっすよsyamuさん。あはは!!」
シバターは笑いながら誤魔化そうとする。

44: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:27:45.34 ID:0JLmy6780NIKU
シバター(言える訳ねえだろ...アンタの事を想ってオ〇ニーしてますなんてよぉ)
シバターは自身の萎びた息子を握りしめ歯ぎしりをしていた。
シバター(クソったれ...どうすりゃいいんだよ。このままじゃsyamuさんを犯しちまう)
自分の気持ちを落ち着かせる為に、シバターはとりあえず外に出た。

46: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:27:54.75 ID:0JLmy6780NIKU
シバター(仕方ねえ...野菜でも買うとするかね...)
自分の得意料理である獅子唐のスタミナ炒めを作るために、繁華街にある八百屋へと向かった。
彼は繁華街を歩くのが好きだ。行き交う人々の仕草や会話を見聞きする事で、色々な事が分かるからだ。

48: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:28:09.02 ID:0JLmy6780NIKU
教師の悪口で盛り上がる学生達、魚の特売を大声で手を叩きアナウンスする魚屋、煙草吸っているサラリーマン。
彼等一人一人にも人生があるのだろう。シバターはそれを考えると自分の抱えている悩みがちっぽけな様な気がするのだ。
だが、今回の悩みばかりはそれでは解消出来なかった。

51: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:28:18.78 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「どうすりゃ良いんだ...全然ムラムラが止まらねえよ」
シバターのsyamuに対する性欲は消える事が無かった。
寧ろどんどん増していく。

55: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:28:46.43 ID:0JLmy6780NIKU
syamuのお口ア〇ルに自分の息子を突っ込みたい。自分の尻の中へ貝塚勃起土竜を突っ込まれたい。その欲望は尽きる事がなかった。
シバター(畜生...どうにかしてこれを抑えねえと...)
考えあぐねているそんな彼を、誰かが耳をつんざく甲高く声で呼びかけてきた。

58: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:28:56.31 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「シバターさん!!見てるー!!」
シバター「お前はノエルか!!」
ノエルこと北澤聖也は炎上業界では名の知れた人物だった。中学生ながら殺人事件の加害者の撮影を勝手にしたり、三社祭でドローンを無許可で飛ばしたりしていた。

60: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:29:07.54 ID:0JLmy6780NIKU
そんなノエルをシバターは金になると思い、大勢の人の前で彼を公開説教したのだ。
結局彼は更生しなかったものの、以降もグズグズとお互いに腐れ縁の関係を続けているのだ。
ノエル「どうしたんですかぁ光さん?生理中なんすか?イライラしてそうな顔っすけど」
シバター 「別にどうってこたねえよ...」

62: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:29:16.21 ID:0JLmy6780NIKU
厄介な奴にあったな...シバターはただそれだけを思った。
ノエルは他人を挑発してくる悪い癖があるのだ。そんな彼に今の悩みがバレたら不味い事になるのは火を見るより明らかだった。
シバター(さっさと逃げるか...こいつと付き合ってもロクな事がねえ)

64: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:29:26.04 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「悪りぃなノエル。俺今日は忙しいんだ」
シバターはノエルから背を向けて逃走しようとした。
ノエル「ちょっと待って下さいよ!忙しいなんて嘘ですよね!」
ノエルは逃げようとするシバターを引き留めようとした。
シバター「なんだよ...嘘なんかついてねえよ...」

65: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:29:36.24 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「だったら撮影機材はどうしたんですか?それにここら辺にはパチンコ店なんてないすよ」
シバター「んな...」
シバターが反論する暇も与えずノエルは畳み掛けてくる。
ノエル「ねえ光さん...貴方ひょっとしてsyamuさんを犯したいんじゃないの」
シバター「!?...」
年下の少年に自分の本心を見透かされてしまい、シバターは焦った。

67: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:29:46.49 ID:0JLmy6780NIKU
シバター(なんだよ...こいつ...読心術でも身につけてやがるのか...)
彼は兎に角気持ち悪さを感じた。なんでこのガキはそんな事が分かるのだと。
一方のノエルは動揺するシバターの胸に手を当ててこう話した。
ノエル「光さん、貴方からはフェロモンが出てるんだよね。好きな人とヤりたいって匂いがプンプンね」

69: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:29:58.27 ID:0JLmy6780NIKU
彼はシバターの体に鼻をあててクンクンと匂いを嗅ぎ始める。
シバター「何だよお前...気持ち悪りぃ」
シバターはノエルの異様さに怯み、後ずさってしまう。
そんな彼にお構いなしで、ドローン少年は話しを続ける。
ノエル「俺ならシバターさんの願いを叶えられるよ」
シバター「何を言いやがる。てめえ事だ、また騙そうとしてんだろ」

70: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:30:07.62 ID:0JLmy6780NIKU
彼はノエルを疑った。金の為だったら何だってやる様な男だ。(シバターもそうだが)
何かを企んでいるには違いない。こんな話は聞く必要はないだろう。再びノエルから背を向けて帰路に着こうとした。
ノエル「良いんですかね光さん。このままだと何も変わりませんよ」

71: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:30:16.88 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「...」
確かにそうだ。syamuへのこの想いは自分一人で対処できる問題ではない。
ノエルは怪しいが今の所この男に頼るしか道はない。
シバター「わあったよ、俺はどうすりゃ良い」
ノエル「そいじゃあ俺のあとについてきて下さい」

72: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:30:26.38 ID:0JLmy6780NIKU
シバターはノエルに連れられて裏路地へと入っていった。何分も歩き続ける。
シバター「おい!いつ頃着くんだ」
ノエル「そろそろですよ...」
その瞬間、背後から奇声を発しながら誰かがシバターに突進してきた。

73: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:30:35.51 ID:0JLmy6780NIKU
???「オフ会0人じゃない!俺がいるううううううう!!!!!」
シバター「何っ...うぐっ...」
シバターはそのまま気絶してしまった。

74: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:30:44.91 ID:0JLmy6780NIKU
ようやく意識を取り戻して目を開けるシバター。そこは真っ暗な部屋だった。
シバター「どこだよ...ここは...」
彼は体を動かそうとするが何かに拘束されて出来なかった。
シバター(やっぱりノエルの野郎に騙されたのか...)
今更になってノエルの提案に乗ってしまった事を後悔するシバター。

76: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:30:56.45 ID:0JLmy6780NIKU
これから何が起こるのか想像もつかない。
ノエル「お目覚めですかぁ光さん」
電気がパッと付くとノエルが何処からともなく現れる。それと共に自分の体がボンテージにより拘束されてるのがわかった。
シバター「ノエル、何の真似だよこりゃあ!!」

77: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:31:11.94 ID:0JLmy6780NIKU
身動きの出来ないシバターはノエルに怒声をあげる。だが、彼は微動だにしない。
ノエル「シバターさんに素敵な物をお見せしたくてね。地下牢に招待したんですよ」
ノエルはニヤニヤ笑いながらカーテンを開ける。そこには受け入れ難いモノがあった。

78: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:31:22.69 ID:0JLmy6780NIKU
syamu「くっ黒騎士君やめるだでぇぇ!!!オラは男なんだでえぇぇ!!!」
黒騎士「ママー!!!syamuさん犯すから!!お金ちょーだい!!」
syamu「いやぁ!!いやだぇぇぇ!!」
シバター「なんだよ...こりゃよぉ...」
シバターの眼前で、黒騎士がsyamuに跨がり力づくで犯しているのだ。
黒騎士の息子がsyamuの肛門に刺さり、そこからは血がドロドロ流れていた。

80: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:31:34.05 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「楽しめましたか?シバターさん」
シバター「楽しめましたかだと...楽しめる訳ねえだろ!!ノーマルのsyamuを無理やりレイプして!!」
ノエル「僕は楽しいですよ」
シバター「うぐっ、むぐっぃ」

81: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:31:43.88 ID:0JLmy6780NIKU
ノエルはシバターに近づくと熱いキスをした。数分間の接吻が済むと、ノエルは唇を離し喋り始めた。
ノエル「俺はねシバターさん、貴方の事が好きだったんですよ」
シバター「...」
ノエル「でも貴方はsyamuさんの事が大好きだった。だから黒騎士君と協力したんですよ」

82: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:31:53.03 ID:0JLmy6780NIKU
黒騎士「そうですよ!!僕もsyamuさんの事が好きで頭おかしくなりそうだったんです。だからノエルと手を組んだ」
syamuを犯しながら黒騎士はそう言い放つ。
ノエル「さあシバターさん、僕たちも楽しみましょう。宴は始まったばかりだ」

84: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:32:04.99 ID:0JLmy6780NIKU
ノエルは自身のチ〇コをシバターに差し出す。
シバター「やめてくれよ...こりゃ何かの間違いだろ...」
シバターは頭を垂れて何度もそう呟く。
だが、これは悪い夢ではなく現実なのだ。

86: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:32:28.60 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「それじゃあいきますよお」
ノエルのチ〇ポがシバターの菊門に挿入される。
シバター「あっ...あっ...あっ...」
シバターは新しい感覚に喘ぐ。
まるで女の子の様に

89: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:32:45.58 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「気持ちいいでしょ!!僕はねずっと貴方が好きだった。なのにsyamuさんの事を貴方は好きになったんだ」
ノエルはシバターの乳首に吸い付く。
シバター「ひっ...くぃぃう」
シバターはただ呻き声を上げるだけだった。

90: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:32:56.76 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「貴方に説教されてる時も貴方の家にドローンを飛ばした時も貴方のことを思ってたんですよ!!」
ノエルはシバターの乳首を舐め回す。
ペロペロと

91: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:33:08.97 ID:0JLmy6780NIKU
シバター「ちくしょう...」
ノエル「俺はずっーと貴方に構って欲しかったんですよ!光さんは俺の姉妹や母とは違う。俺のことを見捨てたりしない!!」
ノエルはシバターの首に抱きつく。

92: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:33:17.73 ID:mvwQsoFs0NIKU
これ大作やん

93: 大物Youtuber速報 2020/01/29(水) 18:33:21.96 ID:0JLmy6780NIKU
ノエル「でもこれで黒騎士君も俺も願いが叶いましたよ。それじゃ四人で楽しみましょうね!!」
シバター「やめろぉ...やめてくれよ...」
シバターはもうどうする事も出来なかった。ただ、ノエルとのセックスをする以外は。
おしまい

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1580289801/