大物Youtuber速報

大物YoutuberのsyamuさんとYoutuberなどのまとめサイト

婚活

    このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活まんさん
1: 大物Youtuber速報 2020/03/27(金) 04:54:33.80 ID:LjSIrz2W0
昔は男性過多、今は逆に女性過多

結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、
10年ほど前は男性会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。

当時は婚活市場全体を見ても男性過多で、女性側は待っていればお見合いのお申し込みが集まる状況でした。

しかし現在は、男女比が逆転して女性過多の状況です。

比率で言うと、

男:女=4:6
男:女=3:7
くらいまで差が広がっています。

結婚相談所に限らず、婚活パーティーや街コンなどの婚活イベントでも、女性過多の現象が起きています。

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ま~ん
1: 風吹けば名無し 2020/03/13(金) 20:57:15.30 ID:WK+a8JhI0
メイメイ@婚活パンダ@meimei_konkatsu
「休憩しようか」と男性に言われたときに答えるべきなのは、「スタバとタリーズどっち行く?」です。ここで「タリーズ」を選択する男とは別れて下さい。
スタバのほうがクオリティ、居心地、接客、すべてにおいて勝っています。
せっかくのデートに、安いだけのタリーズを選ぼうとする男はNGです。

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大物Youtuber速報 2020/02/23(日) 14:03:39.62 ID:jfQ9p8xBM
メイメイ@婚活パンダ@meimei_konkatsu
「休憩しようか」と男性に言われたときに答えるべきなのは、「スタバとタリーズどっち行く?」です。ここで「タリーズ」を選択する男とは別れて下さい。
スタバのほうがクオリティ、居心地、接客、すべてにおいて勝っています。
せっかくのデートに、安いだけのタリーズを選ぼうとする男はNGです。 
manko

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ま~ん
1: 大物Youtuber速報 2020/02/14(金) 12:07:54.04 ID:Z+ZB+iX40
国勢調査によれば、男性の方が未婚者が多いということがわかりました。
それでは、結婚相談所や婚活サイトにおける男女比を見ていきましょう。
https://yume-con.net/wp-content/uploads/2017/07/670-2-383x333.png
日本最大の結婚相談所ネットワークであるIBJ日本結婚相談所連盟のデータによると、会員登録者の男女比は女性の方が多く、男女比はおよそ「男:女=4:6」となるそうです。
結婚相談所によって男女比に違いはあるものの、生涯未婚率の男女比と結婚相談所の男女比は一致しないようです。
昔は男性過多、今は逆に女性過多
結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、10年ほど前は男性会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。
当時は婚活市場全体を見ても男性過多で、女性側は待っていればお見合いのお申し込みが集まる状況でした。
しかし現在は、男女比が逆転して女性過多の状況です。
比率で言うと、
男:女=4:6
男:女=3:7
くらいまで差が広がっています。
結婚相談所に限らず、婚活パーティーや街コンなどの婚活イベントでも、女性過多の現象が起きています。
なぜこの10年ほどで結婚相談所や婚活パーティーの登録者の男女比が逆転したのでしょうか?
次に、婚活市場で男性が少ない原因について解説していきます。
婚活市場で男性が少ない原因
ここ10年のうちに、婚活市場で男女比が逆転していることが分かりました。
婚活市場で男性が少なくなった、原因はどこにあるのでしょうか?
ここからは、婚活市場で男性が少ない原因について迫っていきます。
仕事が忙しい
多くの男性が結婚を意識し始める20代後半~30代は、
職場の部下ができたり
責任のある仕事を任されたり
など、仕事が忙しくなる年代です。
イトであれば活動できるからです。
2020年02月11日

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
いじめ
1: 大物Youtuber速報 2020/01/22(水) 20:12:59.13 ID:8pYTW0vj0
30代前半から婚活を続けており、知人の紹介を受けたり、結婚相談所などを訪れたりと出会いを求めていますが、まったく上手くいかないという相談者。本人は「156cm52kgで若い頃から歌手のYUKIさんに似てる」と言われ、年齢より幼く見えるといいます。相手に望むこととしては
「自分より前後5歳程度で、年収もその年齢の平均額、できれば見た目も良い人がいいですが贅沢
は言っていられないので妥協します」
先日は、結婚相談所で42歳の公務員を紹介されましたが、お断りしたそうです。収入や人柄は問題なかったものの、外見が「頭髪も寂しく体型もややぽっちゃりの中年そのもので、この人と道を歩けるかな?と考えたら無理でした」と正直に印象を綴っています。
しかし、相談所にそれを伝えると、少し批判されたそう。担当者は「年齢的に見た目の衰えは仕方がない」「相談所としてはお互いの希望理想と、夫婦になったときを想像し釣り合いがとれるような方たちを紹介している」などと説いてきたそうです。
カチンときた女性は相談員に、あの男性と自分は「釣り合いが取れるとは思えません」と伝えましたが、
「客観的に見て釣り合いが取れているんです。私たちはプロですから」
とダメ押しされてしまいました。
悶々として、腹立ちまぎれにSNSに書き込みをすると、今度は「勘違いするなババア」などと非難されたそう。ますますイライラが募った女性は「望むことは悪いことなんでしょうか?」と訴え、知恵袋に意見を求めました。
https://news.careerconnection.jp/?p=83973&amp=1

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
婚活まんさん


👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ま~ん

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
いらすとや男女
1: 大物Youtuber速報 2019/12/14(土) 13:40:05.86 ID:bt2GF+mHM
38歳婚活女性、42歳公務員を紹介されるも「見た目が中年そのものでお断りしました」 ネットで意見を求めるも賛否両論
2019/12/14 08:00キャリコネ
婚活を10年近くしていても上手くいかない理由は、単にご縁がなかったのか、理想が高すぎるのか。なかなか難しい問題です。
ヤフー知恵袋に11月末、「婚活中の38歳です。ご意見聞かせてください」という女性からの相談がありました。
30代前半から婚活を続けており、知人の紹介を受けたり、結婚相談所などを訪れたりと出会いを求めていますが、まったく上手くいかないという相談者。
本人は「156cm52kgで若い頃から歌手のYUKIさんに似てる」と言われ、年齢より幼く見えるといいます。相手に望むこととしては
「自分より前後5歳程度で、年収もその年齢の平均額、できれば見た目も良い人がいいですが贅沢は言っていられないので妥協します」
とのこと。その程度なので理想が高いわけではないと思うのに、上手くいかないと思い悩んでいます。(文:篠原みつき)

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大物Youtuber速報 2019/12/03(火) 06:03:21.36 ID:bC500sr10
婚活パーティに参加しても「年齢で振り落とされるのは悲しい」と佐伯悦子さん(仮名・44歳)
ヴィーガン


タイムリミットに怯える!44歳・婚活漂流
 都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ま~ん
1: 大物Youtuber速報 2019/10/12(土) 23:02:22.44 ID:snl2fGN30
とにかく男性は、女性の“見た目”ばかりを気にし、デート中の会話については元より、相手の女性について「全く覚えていない」ということも少なくありません。その結果、素晴らしい女性を逃している男性が多いことは本当に残念なことです。

 モテる男、デキリーマンは、紹介してもらう時点で相手について“リサーチ”します。大学時代の友人なら、「サークルはなんだった?」
「どんなスポーツをしているの?」 「趣味は何?」「出身地は?」などなど、実際に会う前に紹介者からさまざまな情報を聞き出そうとします。

 なぜか。その女性とお付き合いしたい、結婚したいといった「目的」をしっかりと持ち、それに向かって、合理的に行動しようとするからです。
たいていの男性は、顔と胸の大きさにしか興味がありませんので、こうしたことができる男性がモテるのは当然のことですよね。

顔や胸といった外見的なスペックばかり気にする男性は、完全に目的を見失っていますので、女性の性格や資質といった内面、
そして持っている才能などについては興味がなく、話を聞いていない人が少なくないようです。

 そのため、「最初に会ったときに話をしているのに、2度目に会ったときもまた同じ話を聞かれた」と女性から言われ、断られるケースが多く見られます。

 繰り返しますが、婚活の目的は「結婚」です。自分に合った人と結婚するためには、相手の外見的なスペックだけでなく、
性格や趣味嗜好といった内面的なものも余すことなく聞き出しておくことは必須なはずです。そうしたもの全てをひっくるめて、自分に合った人なのか、判断しなければならないからです。
https://www.oricon.co.jp/article/348404/

👌👽👌 続きを読む 👌👽👌

このページのトップヘ